2018年12月10日

50代女性 リウマチ、東日本大震災の出来事

 私は長年リウマチを患っておりまして、手足が不自由で、大学病院に通っています。

 東日本大震災の時の出来事です。その日は、病院の予約が入っていましたので、行く予定をしておりました。しかし、病院から「医師の都合で、今日は来なくていいです」と電話がきました。ちょうど家を出ようとしていましたが、その日は外出せず家にいました。

 そのうち、息子が早番だったため帰ってきました。「お風呂に入る」と言って、息子がお風呂に入っていましたら突然地震がきました。手足が不自由なのでどうする事もできず、地震が収まるのを待ちました。
 そして、テレビをつけると、東北でものすごい地震があり津波がきた事を知りました。 私はマンションの3階に住んでいるので、かなり揺れて、とても怖い思いをしました。その日はなぜか病院の方から「来なくていいです」と言われた訳ですが、まさか地震がくるとは思わなかったので、とてもビックリしました。
 もし病院に行っていたら、病院が都心にあるため山手線に乗るので、電車が動かなくなり、どうなっていたか分かりません。本当に不思議ですが「助けてもらった」と、思わずにはいられませんでした。後日、病院の医師から「あなたに、良い事をしちゃったね」と言われました。
 こちらでお話を伺うようになって、運が良くなったと思う事が増えたような気がします。本当に良かったです。上手くいかないと悩んでいる方は、是非ともお話を聞きに来ると良いと思います。


NPOは非営利団体なので、相談料は無料です

相談の申込、質問はこちら
posted by 相談員 at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする